キラキラで行こう☆

家事も育児も自分磨きも・・・時間を味方に成長してゆきたい!そんな主婦の成長記録です。

7 華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー」は比較的最近見た映画です。

無知な私は、名作なのに、ギャツビーといえばマンダム・・・そんな印象しかありませんでした。

 

 

私が最初に観たのは、1974年のロバート・レッドフォード主演のギャツビーでした。

物語の最初から引き込まれました。

映像は古いのだけど、当時のファッションの流行?が感じられて、まず衣装から素敵だなぁと見入ってしまいました。

内容としては、ギャツビーが惚れ込むデイジーの魅力がいまいち分からなかったので、ギャツビーの心情が理解しきれませんでした。

どちらかというと、ニックの心情に共感していたんだと思います。

ニックの心情がよく理解出来たから、この映画の良さや哀しさに感情を揺すぶられたのだと思います。

 

 

1974年の作品に衝撃を受け、そのあとに2013年のディカプリオ主演の映画を観ました。

ディカプリオ主演は、監督がバズ・ラーマンだったのでところどころ監督色が濃いなぁという演出を感じました。

バズ・ラーマン監督の作品は映画館に足を運んで観たものも多いし、ディカプリオ主演というのも自分の世代に合うからか、1974年の作品より身近に感じて観ることが出来ました。

 

 

ディカプリオのギャツビーのほうが、より生身の人間のようにリアルに感じることができました。

恋に盲目なおろかさと、夢を追いかける情熱とのギャップもどちらもギャツビーの純粋さなんだろうなと。

そして、やっぱり私はニックの立ち位置がしっくりきます。

この二人の友情って好きだな。

 

 

全体的に2013年版のほうが登場人物を身近に感じて心情を理解しやすかったです。

1974年版のほうが、どこか冷めたところがあるように感じました。

感覚的な感想で、分かりにくいかと思いますが。。。

ギャツビーが亡くなってからより浮彫になるデイジーの危うさは、1974年版のほうがしっくりきました。

トムのえげつなさは2013年版のほうが直接的なのですが、1974年版のほうが後味が悪いというか・・・。

どちらもそれぞれに良さがあるので、映画の作品としてはどちらも甲乙つけ難いです。

 

 

ちなみに一番印象に残っているシーンは、

1974年版は、ギャツビーがデイジーの娘を見た時の表情です。

あの表情・・・深いですよね。

2013年版は、ラストの、電話がかかったときのギャツビーの表情かな。

 

 

次は小説を読もうと思います。

きっと、また違う印象を受け、今度は私だけの「華麗なるギャツビー」が描かれると思います。