キラキラで行こう☆

家事も育児も自分磨きも・・・時間を味方に成長してゆきたい!そんな主婦の成長記録です。

ママ友付き合い

娘は幼稚園を卒園したのですが、入園してすぐに幼稚園ママのトラブルを身近に経験しました。

子どもを園に送った後、お互いの家へ行き来するお茶のみ仲間が出来たのですが、そのうちの2人の人間関係がこじれて幼稚園を巻き込む騒ぎになってしまったという。

その事件以来、園ママとの付き合いは心しないといけないなぁと覚悟を決めるに至りました。

 

 

さてさて、入園後すぐのトラブルは一年くらいかかって落ち着き、さぁ悪い噂を聞くのももうないかなぁと思いきや、次は他のトラブル。

そしてトラブルは一年おきに新たな人間関係で起こっていたのでした。

 

 

今は小学生になったので、園ほど行事もなくお母さん同士顔を合わせる機会が減ったからか、とても気楽になりました。

でも、下に兄弟がいる家ではいまだに何かしらトラブルがあって、その相談をされると・・・はぁって本当に脱力してしまいます。

 

 

園に上がるまでは、育児支援を利用したりする機会はあっても自分で動かない限り子どもと向き合うだけの時間を過ごす母親がほとんどです。

だから幼稚園は母親にとっても、共通の話題で楽しめる仲間を作れる場所なんだと思います。

私も結婚を機に故郷を離れたから、新しい友達を作れることがとても楽しみでした。

 

 

でもね、ママ友って生活環境も教育方針も年齢も・・・色々違うから、学生の友達作りとは少し違うんじゃないかな?って思います。

学生時代は自分のことだけ考えて友人付き合いをすればいいだけだったけど、ママ友の場合は自分だけでなく子どもの友人関係も考えて付き合わなきゃいけません。

深く付き合ってゆきたいなら、お互いに相手のことを、子どものことを含めて気遣いながら付き合うことが大切なんじゃないかな?って、今は思います。

 

 

それと、噂話・・・。

これが曲者。

いろんな話を聞くけれど、言う人はそれが本人に伝わってしまうことまで覚悟して話すべきかな?って思います。

噂話がきっかけでトラブルってことが多いので、そんな風に考えるようになりました。

噂話を用心している私でも、悪意のある噂はたてられているかも知れません。

いっとき、全く身に覚えのないことを疑われたことがあります。

すごくショックでしたが、まぁ、仕方ないかなって。

残念なことではあるけれど、疑われるという時点でその人とはそれだけの人間関係が築けていないんだって思いました。

 

 

自分のことを分かってくれる人は必ずいるから、自分のこうあるべきという思いは不器用でも堅実に守ってゆこうと思います。

心から信用してくれる人も、私の大切な人。

その人を大切に、自分もその人の気持ちを裏切らないように誠実に付き合いたいなと思ってます。

そして、自分の好きだなと思う人も、私の大切な人。

思う気持ちに差があっても、自分の信頼する気持ちは重荷にならないよう持ち続けたいな。