読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラで行こう☆

家事も育児も自分磨きも・・・時間を味方に成長してゆきたい!そんな主婦の成長記録です。

芙蓉鎮

100の映画

先日、フェリシモで購入した100プランブックについて書きました。

 

nemo-shining.hatenablog.com

 

 

そこに “ MY BEST CINEMA を100見つける ” という夢リストを書き込みました。

それに付随して、毎月一本映画を見るというリストも加えました。

これが自分のお気に入りですと100件言い切るのはなかなか難しいですが、これからきっと出会うであろうお気に入りが今から楽しみでもあります。

そして、すでに出会っているお気に入りを思い出す作業もワクワクです♪

 

 

さてさて、タイトルの「芙蓉鎮」(ふようちん)。

これは学生時代に見た私のお気に入りです。

文化大革命の混乱期の様子が描かれた映画です。

当時は中国の歴史も勉強せずに見たので、内容的には理解しきれていない部分もあったのですが、物語と俳優さんの演技力に引き込まれ見終わった後、感無量でした。

 

 

テーマはものすごく重苦しいです。

けれども、どんなに苦しくても諦めないで必死に健気に生きる女性の姿に感動しました。

権力者に屈して同調する人の多い中、最後まで主人公と愛情であったり友情をつらぬいた人間関係に胸が熱くなりました。

 

 

残念ながら、私と同年代の人でこの映画を知っている人にこれまで会うチャンスがありませんでした。

1987年の映画なので、私自身も映画館で見てません。(まだドラえもんとかで喜んでいる年齢でした)

けれども、MY BESt 100どころか10にランクインする思い入れのある映画です。

このブログを通じて、同年代の友達とは語り合えなかったお気に入りの話ができたらなぁという淡い希望を抱いて書いてみました。

 

 

芙蓉鎮だけでなく、謝晋監督の他の映画も素晴らしいものが多いのでおすすめです。