キラキラで行こう☆

家事も育児も自分磨きも・・・時間を味方に成長してゆきたい!そんな主婦の成長記録です。

7 華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー」は比較的最近見た映画です。

無知な私は、名作なのに、ギャツビーといえばマンダム・・・そんな印象しかありませんでした。

 

 

私が最初に観たのは、1974年のロバート・レッドフォード主演のギャツビーでした。

物語の最初から引き込まれました。

映像は古いのだけど、当時のファッションの流行?が感じられて、まず衣装から素敵だなぁと見入ってしまいました。

内容としては、ギャツビーが惚れ込むデイジーの魅力がいまいち分からなかったので、ギャツビーの心情が理解しきれませんでした。

どちらかというと、ニックの心情に共感していたんだと思います。

ニックの心情がよく理解出来たから、この映画の良さや哀しさに感情を揺すぶられたのだと思います。

 

 

1974年の作品に衝撃を受け、そのあとに2013年のディカプリオ主演の映画を観ました。

ディカプリオ主演は、監督がバズ・ラーマンだったのでところどころ監督色が濃いなぁという演出を感じました。

バズ・ラーマン監督の作品は映画館に足を運んで観たものも多いし、ディカプリオ主演というのも自分の世代に合うからか、1974年の作品より身近に感じて観ることが出来ました。

 

 

ディカプリオのギャツビーのほうが、より生身の人間のようにリアルに感じることができました。

恋に盲目なおろかさと、夢を追いかける情熱とのギャップもどちらもギャツビーの純粋さなんだろうなと。

そして、やっぱり私はニックの立ち位置がしっくりきます。

この二人の友情って好きだな。

 

 

全体的に2013年版のほうが登場人物を身近に感じて心情を理解しやすかったです。

1974年版のほうが、どこか冷めたところがあるように感じました。

感覚的な感想で、分かりにくいかと思いますが。。。

ギャツビーが亡くなってからより浮彫になるデイジーの危うさは、1974年版のほうがしっくりきました。

トムのえげつなさは2013年版のほうが直接的なのですが、1974年版のほうが後味が悪いというか・・・。

どちらもそれぞれに良さがあるので、映画の作品としてはどちらも甲乙つけ難いです。

 

 

ちなみに一番印象に残っているシーンは、

1974年版は、ギャツビーがデイジーの娘を見た時の表情です。

あの表情・・・深いですよね。

2013年版は、ラストの、電話がかかったときのギャツビーの表情かな。

 

 

次は小説を読もうと思います。

きっと、また違う印象を受け、今度は私だけの「華麗なるギャツビー」が描かれると思います。

メルヘンの世界

ダイソーでコロニアル塗り絵を見つけて、購入しました。

メルヘンの世界というタイトルの塗り絵で、乙女チックな細かい絵が描かれています。

 

 

f:id:nemokoro:20170204171454j:image

 

 

イラストは、ちょっと自分の好みとは違うのだけど、なんとなく無心に塗り絵をしてみたくなり塗り始めました。

色鉛筆で塗り始めたのですが、意外に力がいるものなのですね。

久々の感覚で、驚きました。

塗り始めて十分くらいして、集中力が切れました。(・・・早っ)

仕上がったらきっと達成感を感じるんだろうな。

のんびり、まったり楽しもうと思います。

 

 

中国や韓国の時代衣装が好きなので、そういった塗り絵もあったらやってみたいなぁ。

ぷりんと楽譜

知っている人には今さらかもしれませんが、私にはすごく驚きで心がときめいた最近のお買い物が、ぷりんと楽譜です。

私自身が楽器を演奏することが出来ないので、楽器店で楽譜を選ぶことがとてもとても敷居が高かったのです。

そもそも娘のレベルに合った楽譜がどれなのかも分からないし・・・。

教室の先生に聞けば色々とアドバイスを聞けるのでしょうが、もっと本を選ぶみたいに気軽に楽譜を見てみたいと思っていた時にぷりんと楽譜を知りました。

 

 

自宅からもダウンロードして印刷できるのですが、コンビニで購入してみました。

私の場合はパソコンで欲しい楽譜のコードをメモし、コンビニのマルチコピー機から印刷しました。

お金を投入して、あとは操作画面をタッチするだけなので簡単 (*^^*)

 

 

パソコンでのんびりと自分のペースで好きな曲を検索出来るのが嬉しー!

そして、同じ曲でも難易度によって複数あったりするのがいいなと思いました。

私の好きなクラシックの曲なども低いレベルからあったりして♪

あまり好みを押し付けてはいけないけれど、興味を持ってもらえたら嬉しいなと、娘の好きなアニメの曲と一緒に購入してみました。

こんな気軽さが魅力的で、久しぶりにウキウキした買い物でした。

 

 

本当は自分が弾けたらもっと楽しいのでしょうが、今のところはながめて満足。

でも、入門レベルもあるので挑戦してみようかな?という気持ちがあればいつでもチャレンジできそうです。

 

 

www.print-gakufu.com

ヴォカリーズ

久しぶりに好きな音楽の話。

 

 

初めてこの曲を耳にしたとき、美しい旋律で心が満たされたのを覚えています。

それから何度も聴き、切ないような・・・だけど甘美な・・・とても魅力的な曲です。

 

声楽の曲ということを知ったのはつい最近なのですが、意味のある歌詞はないと知り安心しました。

曲しか知らなかったので、恋愛のイメージを想像していましたww

もしこれが違ったら、イメージが変わって個人的にショックだから。

色んな想像しているのがイタイですよね。

だから、想像の余地があって嬉しいなと・・・。

 

 

ラフマニノフの作品はどの作品も好きです。

浅田真央選手が銀メダルをとったときの鐘は、真央ちゃんの演技と共に印象深いです。

鐘については、真央ちゃんの演技が素晴らしくて後から好きになったという経緯です。

音楽と演技が一体化していると、その音楽の素晴らしさがより際立つんだなと感じます。

真央ちゃんより以前のオリンピックでも、中国の銅メダリストの方が音楽と一体化した世界観を表現していて感動したのを覚えています。(バタフライ・ラヴァーズも好きな曲)

 

 

最後はちょっと脱線してしまいました汗

 

無意識に嘘をつく人間

人間関係のトラブルで思い知ったこと。

無意識に嘘をつく人間がいるんだなぁということ。

 

 

人に迷惑をかけているのに、反省するより先に自分がどうしてそういう行動をとったか正当性を主張する人・・・。

そういう人に理屈で説いてみても、分からないのね。

 

色んな人間がいるなぁ。

せめて人に迷惑や困らせた時は素直に謝れる人間でありたいものです。

だけどそう思いつつ自分だって無意識に嘘をつくよなと思い当って反省。

 

 

私が無意識についてはっとした嘘は、

家庭で使っている塩でそれがちょっといいもの(通常より若干高い)だった時、それを人に聞かれたとき、買ったと言わないでもらったと言ってしまったこと。

贅沢にしていると思われるのが嫌だという心理が働いているんだと思います。

 

 

私も器の小さな人間だなぁと思います。

それでも、私の器はカチカチに固くないから、これから大きくしてゆこうって。

駄目な自分を見つけても、自分を痛めつけず受け入れよう。

・・・そんなことを思った今日この頃です。

ブレスレット

フェリシモの華奢アクセサリーレッスン。

先に7回目のネックレスを作っているので、今回はメガネ止めを復習しつつ6回目。

6回目はブレスレット二種類でした。

 


f:id:nemokoro:20170118164527j:image

 

 

ひとつは自分で留め具などを作り、もうひとつは既製のパーツを使ったものでした。

デザインは好きなのですが、サイズ的にはどちらも私の腕には緩かったです。

体は太っているのですが、手首は何故か昔から標準より細めです。

ちなみに指輪も7号がつけられるので、びっくりされます(笑)

というわけで、自分で留め具を作るデザインではパーツをひとつ減らしました。

既製のパーツのほうは留め具を外さないでも腕にはめられるので、もう一度作り直そうと思います。

 

 

フェリシモの華奢アクセサリーレッスンは、材料がほとんど余らないように送られてくるので、作り直す時に困ります。

材料の別売りもあるのですが、今すぐ足りない分を少し欲しいって時に不便です。

ワイヤーだけでももう少し余裕をもってキットを組んでくれるといいのになぁ。

それだけが残念な点です。

 

 

大雪でなかなか外へも出かけないので、次回が待ち遠しいです。

 

 

お風呂パーティー

雪が降るとどの子どももそうなのでしょうか?

降り始めるとそわそわして、一度外へ出たものなら呼ばない限り雪遊びを続けるという(笑)

 

 

昨日、帰宅した娘は購入したばかりのそりを持って、ひたすら庭の雪山から転がり落ちていました。

その間に母はせっせと風呂支度。

風邪をひかないよう、雪遊び後はお風呂に直行させました。

 

 

雪の中を転がりまわる娘の可愛さに母も気分がウキウキして、

昨日は “お風呂パーティー” と称して、出窓のカウンターにホットカフェオレとクッキーを置いておきました。

お行儀悪いけど、冷えた体に美味しいカフェオレ。

贅沢なお風呂時間を過ごした娘です。

秘密のパーティーだから、パパには内緒ね?

でも、実は私も独身のときお風呂にお酒を持ち込んでお風呂酒を楽しんだことがあります。

露天風呂で飲むお酒に憧れて(笑)

体にとても危険と聞いてからはしていませんが、お行儀の悪いことって魅力的ですよね。