読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラで行こう☆

家事も育児も自分磨きも・・・時間を味方に成長してゆきたい!そんな主婦の成長記録です。

簡単ピザ

今週のお題「朝ごはん」

 

 

f:id:nemokoro:20170115151049j:plain

 

 

丁度、掲載しようと思った記事と合致したので、初めてお題で公開です。

 

 

朝ごはんは俄然、パン派です。

パンがあまりにも大好きなので、焼き立てを食べられるホームベーカリーを数年前に購入しました。

最初は、シンプルな食パンばかり作っていましたが、パンのミミがあまり好きでない娘のために、今は成型したテーブルロールが定番になりました。

 

 

時間にゆとりのある休日は、いつものテーブルロールではなく、ピザ生地モードで生地を作ります。

そして生地を薄く伸ばして、フライパンで両面焼いて具を乗せてピザ仕立てに。

フライパンで焼くピザはオーブンを使うものより、触感がしっかりしていてナンやブリトーといった感じです。

でも、オーブンを温める手間がいらないので、慌ただしい朝食向きです。

 

 

栄養的には、もう少し野菜をとるようにが課題の我が家の朝ごはんでした。

6 風と共に去りぬ

久しぶりにお気に入りの映画について。

 

 

風と共に去りぬ」は、あまりにも有名な映画なので最早、説明は必要ないですね。

私がこの映画を観たのは中学3年の頃でしょうか?

ヴィヴィアン・リーの美しいこと!

当時は映画を観てからすっかりファンになりポストカードまで部屋に飾っていました。

 

 

初めて映画を観てから数年経ったころに、続編小説が発売されました。(「スカーレット」を読みました。)

まだ、恋に恋するような年頃だったので、続編のハッピーエンドの終わり方にほっとしたのを覚えています。

大人になった今は、続編はひとつのアナザーストーリーと捉え、続編を希望されても書かなかった著者の意見を尊重したいなと考えるようになりました。

(心の中では、スカーレットには幸せになってもらいたいと思っていますが。)

 

 

友人とリバイバル上映を見に行ったりして、盛り上がったのも懐かしいです。

日本で上映されたのは1952年と両親の生まれた頃なのに、私の青春時代にも思い出に残る映画なのは感慨深いです。

母娘でときめいた映画、今度は私が娘と観て楽しむのかしら?

ジャム

長野のお土産の定番、みすヾ飴は果実の美味しさの詰まったゼリー菓子ですが、

飯島商店さんではみすヾ飴のほかにも美味しいものがいっぱいあります。

今回、帰省するときに長野駅の駅ビルに寄ったのですが、飯島商店さんの店舗もあったので自分のお楽しみのために購入しちゃいました。

 


f:id:nemokoro:20170109081857j:image

 

 

ナイヤガラのジャム♪♪

 

 

四季のジャムは季節ごとに、その季節で美味しいフレッシュなフルーツを厳選して製造しているそうです。

最初に食べたのは、なんこう梅のジャムでした。

初めて食べたとき、結構衝撃でした(笑)

だって、このジャム、固いんですよ。

近頃は柔らかくて甘さ控えめなジャムが多いので、このような固い昔ながらのジャムは久々で驚きました。

おばあちゃんが作ったイチゴジャムみたい!!

そんな印象でした。

 

 

いまどきのジャムじゃないのですが、むしろそこが新しい??

お気に入りの長野土産です。

 

 

そして、ナイヤガラのジャムも美味しかったです。

葡萄好きの娘もとても気に入って喜んで食べています。

しずく型ネックレス

帰省中に友人と会う時に、シンプルな黒いセーターに映えるかな?と思い、あわてて作り出したワイヤーアクセサリーww

急いで撮影したので、光の調節をちゃんと合わせず見づらくなってしまいました。

 


f:id:nemokoro:20170109081925j:image

 

 

フェリシモの華奢アクセサリーレッスンの7回目。

実は6回目のブレスレットを作らずして、今回はこちらのネックレスから作ってしまいました。

理由は、最初に挙げたように久しぶりに友人と会うからでした。

 

 

6回目を飛ばして作って技術的に大丈夫かな?と思いましたが、これまでの基本の積み重ねがあったからかスムーズに作れました。

デザインによっては2つペンダントトップを作れたのですが、丸みのあるしずく型が気に入ったのでこのデザインのみ作りました。

 

 

さてさて、学生時代からしゃれっ気より食い気な私・・・。

不器用なこともあり、手先の器用な友人に学校で髪の毛を結わってもらう日々でした。

今もそれは変わらずなのですが、たまに会うときは出来る範囲でお洒落も楽しまなくちゃねwwということで、お出かけしてきました。

 

 

友人との再会は本当に心がゆったりする素敵な時間でした。

3人のやんちゃな子どもたちのいる友人たちも、夫婦で素敵なマイホームを建てたばかりの友人も、共働きで思春期にさしかかる子どものいる友人も・・・みんなそれぞれの時間を過ごしていて久しぶりに会うんだけど、いつでも学生のころの気持ちに戻って話の花が咲きます。

半日じゃ足りないなぁ。

青春時代に戻った気持ちになって、きゃぁきゃぁはしゃぐ時間が楽しかったです。

「行蔵は我に存す・・・」

営業時代には月初めに今月の志という意味で、格言を張っていました。

その時の気持ちに合った、格言を発見するとモチベーションが上がったものです。

今もその習慣は続いています。

もう営業職ではないので、スケジュール帳にちょこっと。

それでも、自分の生活に張り合いを感じます。

 

 

さてさて、タイトルにもありますが、

「 行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張 」

という、格言は勝海舟の言葉です。(もう少し原文は長いです)

おおまかな意味は、行動は自分自身の考えで行うもので、それについて他の人から褒められようがけなされようが、それは自分のあずかり知らないものだ・・・というような感じです。

勝海舟というと、幕末に江戸城無血開城に貢献したり、アメリカの民主主義を伝えたと記憶しています。

そういう歴史的な背景があっての言葉なので、初めてこの言葉を知った当時、潔くて素敵だなぁと感動したものです。

 

 

今、改めてこの言葉を読んでみると、大業を為すような人生でなくても、この言葉には励まされるなと感じます。

どんな自分になるのかも、自分自身の人生を決めるのも自分次第なんだな・・・と。

個人として責任を持って生きたいなとしみじみ思います。

 

 

今年はこの言葉を意識して、大事に日々を過ごしたいと思います。

 

 

蕎麦うち

今年も主人と娘で大晦日に食べるお蕎麦を打ってきてくれました。

蕎麦どころの信州なので、こういう体験が色んなところで出来ます。

昨年も同じところで蕎麦打ちしてきてくれたのですが、素人なので切り方はばらつきがあります。

それでも味わいは格別!!

とても美味しいお蕎麦でした。

 


f:id:nemokoro:20161230191801j:image

 

 

今日は仕事が休みだったので、二人が蕎麦打ちに出ている間に煮しめや雑煮の準備をしておきました。

明日は今年最後の仕事があるけれど、帰宅後はゆったりできるかな。

 

 

美味しいお蕎麦とビールで締めくくるのが楽しみです。

大掃除 レンジ回り

クリスマスが終わると、大晦日までが短く感じます。

31日をゆったりと過ごすために、この数日が主婦にとってとても大切なものになりますww

 

 

大掃除の一番の難敵といったら、ガス周りではないでしょうか?

毎年あれやこれやと試すのですが、今年はこれを購入しました。

 

 

f:id:nemokoro:20161226172733p:plain※ 画像はリンレイさんのホームページより

 

 

リンレイウルトラハードクリーナー

早速、使ってみたらウルトラハードの名前に恥じない仕事ぶりでした。

洗剤を吹きかけてしばらく放置していただけなのですが、黄色い油汚れがにじんでいました。

ほこりと混ざってしまった壁は一回のスプレーではベタベタして落ち切らなかったのですが、レンジ回りの油汚れは見事に綺麗になりました。

歯ブラシで隙間も綺麗にかきとれました。

 

 

力もいらずに綺麗になったので、大満足の使い心地でした。

これから、何を購入しようか迷っている人は是非♪なぁんて。

 

 

掃除は変化があればあるほど、達成感というか心の充実感を感じますね。